<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

きっと 今 いつかの。

最近
りんごを わんさかもらったので。

春巻きの皮で お手軽アップルパイを つくりました。

隠し味は ゆずはちみつ。

とかね、
料理できるっぽい 発言とか 繰り出したけれど。
実のところ それしか いれてない。
ぜんぜん 隠れてない。 むしろ 丸出し。 押し出し。

しかもその隠し味自体 正直なトコ 苦し紛れ。


あ、シナモンないんだー どうしよー

そんなとき
目が合ったのが 紅茶に入れる用に購入した ゆずはちみつ。

あ、これでよくない? いいよね? いいに決まってるよね。
脳内会議 即可決。 異議なし!


結果オーライ って 素敵な言葉ね。





さて。

最近の わたくし は
ラバーガールと キングオブコメディの DVDばかり 見て過ごしています。
f0101613_2231154.jpg

やはり お笑いと 動物の赤子は 永遠の癒し系です。

「高橋!高橋!」とか 叫びたくなります。
「手帳はやっぱり」「高橋!」とか そういうCMつくればいいのに。

だけど。

仕事中 上司に ちょっとした相談事を受けた際
真剣に悩んで 悩んで 悩みぬいた挙句に 発した言葉が
「・・・あると思います」だったとき。 

期せずして イントネーションまで 同じだったとき。

相手が突っ込まないように 心の中で お百度参ります。


漏れなく こてんぱん ですけど。



そんな中。
最近 携帯電話を 変えました。

THE 機種変 です。

約 3年ぶり です。


周りの人々にも 「服とか靴とか買う前に、携帯変えなよ」と
言われるほどの ぼろぼろぶり 披露してたんでね。
f0101613_22332222.jpg

まあ、多分 使い方が悪かったんでしょうけども。
よく落としてたしね  放り投げてたしね。 しょうがない。

でも ほら よく言うじゃないですか。
『携帯をころころ変える人は浮気性』ってね 言うじゃないですか。

そんな中ね 何年も同じ携帯 使い続けることで
『あたしって 一途な女なんだよね』みたいなアピールできるかなって。

『一度好きになると とことん、なんだよね』みたいな。


誰にも伝わらないまま 機種変という日を迎えたけどさ。


携帯ショップの店員さんも 若干 苦笑してました。
「あ、この機種 久々に見ました」とかさ ココロにしまっとけっつーの。

「充電カバーもちぎれちゃってるんですよー」とか
開き直って 言ったところで ココ掘れワンワン。 ワンワワン。
見事な墓穴いっちょあがり。 そこに 隠れちゃいたかった。


いろいろ 悩んだ結果。
こちら に しました。 決め手は 薄さ。 そこのみ。

ブラックにしたのですが
家に帰って冷静に見たら あまりの男臭さに たまげました。

「ビジネスマンか!」って 我ながら思った。

なので ネイル用のラインシールを 貼って ごまかしております。
若干の女臭さが出ました。 オカマ携帯と 呼んでいます。


それと同時に アドレスも変えました。
これまた すっごい 久しぶりの 出来事。

多分 6年ぶりくらい。 それ以上の可能性すら ある。

あまりに 久々すぎて お知らせメイルとか すっかり 忘れてた。
「メールこないなあ」とは 思ってたけど 特に気にならなかった。


友人からの もしもしテレフォンで はじめて気づきました。


「電話もつながらなかったら 死んだと思ったかも」


もう そんな年齢なんだなあと 一瞬 思ったけど
よくよく 考えると 結構な暴言だと 思うんだ。



でも 携帯って
相手とつながる重要ツールなんだなアって ひしひし。



心の距離は近いから 連絡取らなくても 平気、とか思ってる友人とだって
携帯電話がなければ つながることは できないもの。



ケイタイありきの つながり社会。



そんな やさぐれたことを 思ったから
3月20日は ケイタイ記念日。



来年 覚えてる自信は これっぽっちも ないけども。
[PR]

by esrev-noc | 2009-03-20 23:41 | 日々精進

無気力で 枯らしてしまわないように。

今日は 雨だという予報が あったので。

張り切って ダウンブーツで 出勤してみたりなんかした。
f0101613_002421.jpg

まあ 晴れたけどね。

でも これ 結構 お気に入りでして
雨もある程度はじくし ウェッジで歩きやすいし 何より軽いのです。

だけど 会社の方々には

「赤い!」という 色報告。
「どうしちゃったの?」という 心遣い。
「え?スノボ行くの?」という 未来予想。

など 散々な言われ様でした。
あと 二度見という おまけもあったり とかね。

褒められたりもしましたが、同じ部署の人らからは 否定的な声 過半数。



お洒落は 忍耐だな、と つくづく 思います。





さて。
少し前なのだけど 兵庫県に 行って来ました。

一泊二日の旅は 久しぶりだったので
これまた 久しぶりに 取り出したカバンは 劣化してた。

それに 気づいたのは
すでに 神戸に降り立っているとき。 どんくさいにも程がある。
「しっかりしろよ」って 沖縄のあたしに 言いたかった。

時間よ 戻れー!って。

自分の可能性 試してみたかった。  自分で自分を褒めたりしたかった。
「やればできるじゃん」って。 肩とか叩きあいたかった。


無理だって 知ってたけど。 はじめから。


そんな パラレルガァル気取りなあたしは
友人の待つ姫路に行く前に 神戸を1人散策し
ずーっと 行きたかった 雑貨屋さんへ 立ち寄ることにした。
f0101613_0512484.jpg

これで 「 メ イ ロ 」 と 読むのです。
お洒落すぎて 若干 ついていけない。  なんたる お洒落魔女。

店員さんも また えらく フレンドリーな方で これもいいですよ あれもいいですよ
つまりは全部可愛いんですよ ウフフ なんていう 身内自慢を拝聴。

これとか 可愛いですよねとかって いいながら
色んな商品を手渡してくれたんですけども
持ち手ゲーハーなかばんオーナーを きちりと務めるあたしの手ってば。

青いの。
なんか 青いの。 青い粉ついてんの。

カバンの持ち手が青だから。

パーってして やば!ってなって グーみたいな 感じでした。  ずっと。
あ、可愛い! でも 受け取れない! ごめんの意をこめて 笑顔!(ニヤリ

可愛いですよー(ニコリ   そうですねー(ニヤリ

このやり取りを 何度か繰り返し
厳選した結果 「アリスシリーズ」の ネックレスを 購入。
f0101613_0532939.jpg

ペンダントヘッドが リバーシブルなとこと
アジャスターチャームの ミニ時計が たまらなく かわゆい。


その後 適当に入ったお店で 適当なストールを買い カバンの持ち手に巻きつけ
事なきを得た あたしは 洒落たカフェで 優雅にランチ。
f0101613_1124912.jpg

喫煙席が四人席しか空いてなくって ものっそい ドキドキした。

いつ相席とか 退去命令とか 出されるかなって
ハラハラしながら あわてて食べたので 画像とかは ないけども。

そして 友人のもとへ。

久々感は 相変わらずなかったけど 12月にも会ったのだから 当然だ。

デパートをぐるぐるしたり クレープ食べたり
居酒屋で梅酒ばっかり飲んだり カラオケで わいわいしたり。

「おまえ、飛行機使ってそれかよ」っていう 過ごし方ばかり した。

でも とても 有意義だった。


次の日も どうということはなく なだらかで のんびりした時間を過ごし
あっという間に お別れの時間になった。



今回の旅は 純粋に 「友人に会う」ため。
悩んでいる様子が垣間見えた 友人に 会うため。

あたし程度の力では どうにもならないかもしれないし どうにもなってないだろうけど。


思っていた以上に 長い二日間で
だけど 何をしたのと問われると 小首を傾げるような 時間で。

それでも 「有意義だったよ」と 自信を持っていえるような 旅 だった。


神戸空港で 出会えた 神戸フランツの 壷プリン とか
f0101613_1282644.jpg

ぜったい 買ってやんだ!と意気込んでいた コーベアーちゃんとか
f0101613_129398.jpg

それらすべて 含めて 有意義 だった。


行けてよかった。 行ってよかった。
その気持ちだけで あたしは 満足だった。 それが 自己満足だったとしても。


だって 人生において 「自己満足」が なかったら
きっと つまらないと 思うのだもの。


そればっかりでも 困るけど。



何事も さじ加減が 大切ってことですな。
[PR]

by esrev-noc | 2009-03-04 01:38 | 津々浦々