ここから月まで 歩いてくのと。

今日 バイト先は がらんどう でした。

きっと みんなたっぷり眠って 夜中起きだすんだ
そして きっと 叫ぶんだ   「頑張れ日本!!」

あたしは 増川さんを 見習って 

「あ やべーすげーサッカー!あ、ジーコ写った!」

と、明日の朝 言おうと思います




そんなバイト先に 来た 貴重なお客さん。
人の顔 見るなり  一言。

「お、メガネ やめた?」


・・・・・もう お前 あれな あだ名 「タモリ」な。決定な。



あまりに 唐突かつ 急激な距離の縮め方に びっくりした。
親戚?と 一瞬 疑うかのような アットホームぶりだった。
そんな しゃべったことないだろう  あなたと あたし。


でも ソレに対して  「あ、あれ伊達メガネなんですよ」と
いたって 普通の 返ししか できなかった自分が悔しい。


もうちょっと 会話のキャッチボール うまい子になろう
今のままじゃ キャッチ&リリース だ。



自然には 優しいが  世間を渡るには 厳しい。








今更だが しゃんどりゃー 社 の エレベーターが話題沸騰してますね
そんな昨今  とんでもないものを見つけた。



「横に動くエレベーター」




すげぇ 画期的、と 感動した。
もう写メるしかない! と 鼻息も荒く 思ったのですが
残念ながら そこは管理人さんのいる マンションだったので
泣く泣く あきらめました。



でも ほんと すごかった
坂道を 横に 移動するような エレベーター。

しかも 手すりがあって
「念のため お掴まりください」  とのこと。


こえーよ  念のため ってなんだい。




慣れていない動きをするので 思わず 酔いそうになりました。





エレベーターと言えば。
あたしが よくする 失敗なのだけれど
エレベーター に 乗り込んだ瞬間  乗ったことに満足してしまい
行き先ボタンを 押すのを よく 忘れます


あれね 一度 是非 やってみたほうがいい

エレベーターが 一瞬 気 抜くんです


「あ、行きたいとこないの? じゃあ ごめん ちょい休むわー」


みたいな感じで  ちょっと がたん て 下に下がるんです


もちろん 動くと思っている状態のあたし。
一瞬 パニック に 陥ります


やばいよ!え? 壊れた?


そして ボタンを見て 気づきます   何だよ ってなる




でも あの5秒くらいの 恐怖感 何度やっても 慣れません
日常に 一さじの エキサイト が 欲しい方に お勧めです
あと エレベーターの 中で 無心に 舞う  とか。
いつ止まるか わからない あのドキドキ感  たまりません
扉 あいて 誰かいたらどうしようー キャー  って なります  ひどく楽しい




あと(まだあるのか
電話の保留中に 相手の文句わしゃー 言うとか。
これは 仕事中に よくやるのですが これまた エキサイト。




日常には いろんなところに  危険がいっぱい。 いつだって 背中合わせ。
気を張って 生きていかなきゃいけないですな




あ。
そういや 兵庫県時代の知人が 知らない間に 人妻に。
正確には 「人妻 兼 母親」 に なる予定。


めでたき出来事。


周りに母が 増えていく。
あたしは どうしたらいいんだろう。


リアルに母になっていく 周りの友人 たち。

妄想子育てで 育児ノイローゼに なりかける あたし。




その距離 15万キロは くだらない。  多分。
[PR]

by esrev-noc | 2006-06-23 00:38 | 探検発見