本気で笑え 心で話せ

もう 夏です

衣替えの 季節です

雨月衣 さんという ステキックな漫画家さんがいるのですが
この方は 夏に冬物を  冬に夏物をしまう 際に
こっそり ポケットに いくつかの千円札を 隠すらしい

ほいで また季節が巡って こんにちわ するときに
「あーお金だ!」と なんだか ニマニマ するのが 好きらしい。


なんて 可愛い人なんだ。

幸せ隠し上手  見つけ上手。




今日 仕事らを やっつけて 帰宅すると
母が 夏物を わしゃー 出して バザー会場のような部屋になっていた

それをみて 雨月さんのことを 思い出し
なんとなく 自分の夏物ズボンの ポッケを あさぐってみた




出てきたのは これでした

f0101613_0451149.jpg




あーもう なんだろ
これ書いた 自分を 軽く 殺めたい です

なんだこれ
もう 全てに 腹が立つ    表情とか たわむれ、って 言葉とか。




何を思って 書いたのか
そして なぜ 捨てずにポッケにしまったのか
ダヴィンチコードよりも 謎だらけ。

過去の私。




とりあえず、捨てた。 1年越しに さようなら。





そういえば、
今日 バイト先で 軽い同窓会みたいなのが催されていた

女将さんの同級生。 みんな 今年45歳だかなんだか

うん 年のとり方って 千差万別だなって 思いました


そこで 飛び出した 一人のおじさんの 面白発言。




「今でもラブラブ 寝るのは別々」



多分ね 何気なく言ったものの
あまりの 語呂のよさに 気に入ったんだろうね 彼ね
すげー 何回も言うの
もう わかったよ、って 思うくらい 言い続けていた


でも これ 結構 深いかもしれない


バイト帰りに それを 思い出して
「熟年離婚」とか 「ヘルシア」のこととか 色々考えて
年をとることに 怖さを ひしひし。

「こんなんじゃいけない!」と

差してた傘を おもっきし くるくるまわして 無邪気に子どもに戻ってたら

すれ違った人の 頭に 傘が 軽くぶつかりました




すぐに 謝るべき事態です  知ってます

でも 謝れなかった


だって  『こつん』って  すげー 軽い音したんだもん

それはもう まるで でんでん太鼓みたいな 音が。

もう 「ぶは」って 笑ってしまった




あの瞬間の 自分も  かなり 殺めたい

でも 思い出しても やっぱり あの音は 有り得ない






何入ってるんだろうな  あの人の 頭の中(余計なお世話だよ
[PR]

by esrev-noc | 2006-06-09 00:57 | 日々精進