その一言には勝てる気がしない。

あたしの周りには
結構 手に負えない人が わんさかいるように思うのだが

今日 身近に 不思議っ子クラブ会員 発見。

f0101613_02319.jpg

おかあさーん

コノ イロ ナンデスカ?


歯磨き粉に 赤 て。
どっから 見つけてきたんだろう 
わかんない  わかんなすぎる

「何でこの色なの」 と 聞いたところ。

「なんかね 呼ばれた気がするの 赤に」



・・・乾杯、 あなたに完敗。






今日は 仕事後に スタバへと行ったのだが

バナナモカフラペチーノ  うん なかなか 美味しい

バナナスキーなんで 見逃せねぇと 思っていたのだが
予想以上に バナナでした

久々なスタバにニヤニヤしつつ
展開する会話は  やっぱり 妄想な訳で。

「ミュージシャンの彼氏、 欲しい?いらない?」

ソコが今日の議題ですわ

売れればいいけどね 売れなきゃね
ただのドリームボーイだもんね 夢見ちゃってるボーイ だもん
厄介だよね  手に負えないよね


妄想なのに そういうとこ 変にシビアなのよね
変なの。  やっぱ あれか 年齢的なものが大きいのか


でも 唄をね 作って欲しいですよね となった
あたしのための ラブソングとやらをね 奏でてみてくださいよ、とね
できれば モトヲさんにね お願いしたいわけですよ

「ぼーくの場所は ここなんだー」とかね 言われてみたいもんだ


まあ。でも。

「聞いてください・・・・・・my ANGEL」

とか言われたらね 多分 泣くけどね 怖くて。
山根か もう二度とはーなーさない か とか言うけどね



女の子は いつだって わがまま。



その帰り なんとなく おばかさんに 電話をしてみた

なんだか うしろがわいわいしていたので
「今、だいじょうぶ?」と 聞くと
「んー なんかね 結構あわただしい」ですってさ

「でも だいじょうぶ」 と言うことだったので 
「あたしのために曲を作ってください」と言ってみた
ちなみに 彼は 楽器なんか出来ない
タンバリンすら怪しいもんだ  縦笛とか 吹けんのかな

「・・・んーーっとね ちょっと 待って」

それから30秒後 奴は 歌いだした


♪ むさーさびー ねぇ


そりゃもう 軽快に。
藤巻氏気取りで 颯爽と 歌った


「・・・盗んだね」

「ちょっとね」

「ていうか ムササビってなんですか」

「わかんねぇ なんとなく」

「あたし ムササビっぽいですか?」

「いや、ちっとも」

「・・・・・・・・・」

「あ、でも 俺 ムササビ 嫌いじゃないよ」


・・・・フォローになってねぇよ




もう 完敗。
あたしは 今日は 負けっぱなしだ。
明日は 勝てるといいな 切実に。 現実に。
[PR]

by esrev-noc | 2006-05-22 00:33 | 日々精進