カテゴリ:カフェージョ( 14 )

幸せを 持ちあわせ。

今日、
GWのだらけ心を引きずり
びっくりするくらい 寝坊したので

とりあえず「女子」という 自覚も置き去りに
ノー装備で出勤したわけですが

誰にも 何にも 言われなかった オナゴです。


えーっと なんだろう。
あたし 日々 結構な時間 無駄に費やしてたみたーい。


大人だけど 泣きたくなった。

そんな 梅雨入り初日。







大きな顔して 連日遊び倒せる 輝かしい日々も
いつのまにやら ちゃっかり終わりを告げ
疲労感ばかりが まとわりついております。

お腰につけた疲労感 おひとついかがー?なんてね 言いたくなる。

連休明けましておめでとうございますーとかね 言いたくなる。

そして言う。

うん、そういう顔するって思ってた。思ってたよ。大人だもん。あたし。


そんなあたしの 連休ですが。

おいしいものばかり 食べ倒れた 日々でした。
f0101613_2354717.jpg

jiji cafe で オムライスを。
洋食屋 マンジェ で ランチプレートを。
サザンビーチリゾートホテル で ランチバイキングを。
アルティジャーノ で パスタディナーを。

後半二つは デザートのみ画像ですが。

特に ジジカフェは ずーっと 行きたかったので 大満足。
店内の雰囲気も とても 良い感じでした。
f0101613_04657.jpg

今回は 時間があまりなくて 急ぎ喰いだったのですが
今度は ランチの時間とかに だらだら 居座りたいものです。

画像下の 二枚 は これまた 念願だった ビーチロックビレッジ

サンクチュアリ出版でおなじみ 高橋歩さんの作った カフェ。

ものっそい高台にある席に座りたかったのだけど(リアル秘密基地っぽくて素敵
あいにく 先客あり、とのことで
「負けず劣らず見晴らしのいい」 かまくら風のソファーラウンジを 案内してくれた。

これが、もう 斬新なつくり。
吹き抜けなの 丸見えなの 落ちようと思えばすぐ落ちちゃうの。

当然ながら すごーく風通しもよく 快適で 
女子四人で ピザ二枚とサラダを さらっとたいらげ
冷たいドリンクで ゆったりまったり しました。

そんな時間を切り裂くように 突然 店員さんが 訪れ
「乗馬体験や滝トレッキングもできるよ」みたいなことを おっしゃった。


全身びしょぬれになるけど 楽しい らしい 滝トレッキング。

(あたしら 今日 完全によそいきおべべ。 着替えとか もちろんない。)

最終的には鞍もはずした状態の馬に乗り 海岸沿いを走るらしい 乗馬体験。

(それはもう 完全に 暴れん坊将軍の オープニングじゃねぇか。)


つつしんでお断りしましたが トレッキングは やや気になる。


ものっそい 林道山道を うねうねするので
行くときには若干の覚悟が必要ですが。

帰り道 そんな道で 何度も車と出会い
山道を20メートルくらいバックとかしましたが。

また 行ってみたい。
他人の運転で。



そして 締めくくりな 最終日は。
県内の オキナワグランメールリゾート にお泊り。

結構なお手ごろ価格だったので 期待してなかったのですけれど
予想以上に キレイな お部屋でした。
f0101613_0293234.jpg

バストイレ別なので 洗面所も広々していたし
ちょっとしたバーカウンターや電子レンジがあったり
ロッキングチェア風のソファがあったり ベランダにデッキチェアがあったり。
恐ろしいほど 広々した つくり。

備え付けのカップや コースターも 沖縄風で可愛かった。

県外知人が来沖する際には ぜひとも おススメしたい。

予約していたエステも 素晴らしかったです。
すぐに 意識とお別れしました。 極楽気分満喫。



そんなこんなで
ものっそい 充実した GWだったわけなんですけども。


今日からは その分のツケを 消化していく労働週間の はじまり。
ワーキングウィークです。 むしろ一週間では 消化し切れません。

しばらくは残業祭りな 日々 です。



楽あれば苦あり、


昔の人って ほんっと 的を得たこと 言うよなあ。
[PR]

by esrev-noc | 2010-05-08 00:52 | カフェージョ

ちょっとずつ アルバムを重く。

今日 思ったこと。

やっぱり ビレバンって 頼りになるなる鳴子坂。


小学生の頃 親の購入した「ぶ~け」(懐かしいなオイ に 掲載されていて
切り取って コピーして 大切に持っていた 作品があった。

高校生のころに ふいに読みたくなって でも そのコピーが 見つからなくて
本屋にて タイトル、作者名で 注文してみたら
二ヶ月待ったあげく 『絶版になってますね』と 一刀両断された。

時は経って 二年ほど前 偶然立ち寄ったビレバンで 一巻を 発見。
そのときに「全六巻」だということを知ったが 続刊にめぐり合うことはなかった。

そして 今日。 すると 今日。 なんと 今日。
ビレバンにて 上下巻 発売されているのを発見した。
f0101613_1381237.jpg

すぐに 購入。 どうやら「復刊.com」での 復刊らしい

他にも 同じように 手に入れたかったヒトがいたんだなあ。
なんだか とても 嬉しい。

そして ついでに 美女採集 も 購入。 わーい。
しばらくは 一人 おうちで ひきこもれそうです




このところ 比較的 忙しい週末だったり 平日を過ごしております。

その大半が 過半数が すべてが 遊びなわけですが、
女子三人で 生々しいエロ話に花を咲かせたりしてたわけですが、

今日は なんとも 健全に。
職場同僚の オキニさん と ぶんぶんドライブを してきた。
前に ブログにも書いた とても 奥ゆかしいファンシーガール。 かわゆい。

その子は「オキナワ市」というとこに 住んでいるのだけれども
そこには あたしの行きたくても 行けないカフェが たくさん ある。

よく 地理がわからないのだもの  迷いそうなんだもの。

なので 地元民である オキニちゃん(通称沖ちゃん を 連れ立って行くことにしたのだ。

だけど この 沖ちゃん。
小学校の頃は 学校から家までの道のりを 迷った経験のある 方向音痴。
つい先日も オキナワ市内で迷った挙句 Uターンしようとして 車をぶつけた つわもの。

なので 入念に下調べを して 向かったのは カレーのお店 DOSHA さん。
f0101613_1415442.jpg

住宅街の一角に ちょこんと ある かわゆいお店。
なんとか 迷わずに たどり着くことが できた。 一安心。
f0101613_144372.jpg

店内は 温かみのあるつくりで
まだオープンして一年にもならないというのに
昔からあるような 安心感が あった。

ココのカレーは 少し 変わっていて
具のないハーブカレー、それに ライスが 基本。
そして ライスの上に お好みで いろいろ トッピングが できるのだ。

ランチセットは 好きなトッピング三種類+ドリンクで 900円。
トッピング全部載せ(常時八種類ほど +ドリンクで 1100円。

今回は、ランチセットで レーズン、フライドオニオン、マッシュポテトを。
f0101613_1444536.jpg

手前にあるのが うまみペーストと 辛味ペースト。
これを お好みで ルーに 溶かすのだ。

これがもう なんか 今まで食べたカレーと 完全に 違うものだった。

ハーブのいい香りがして 不思議に美味しい。
あとから わわーっと 辛さが来るのだけど レーズンやマッシュがいい感じに緩和。
食べ終わった後 なんともいえない 満腹感と 充実感 でした。

「タベテ カラダ キレイ」な薬草医学の教えにのっとったハーブカレーのようなので
きっと 健康的にも いいんだろうなあ と 思う。
食べた後 しばらく おなかが痛かったのも きっと そのせいだ。
だって すぐに なんともなくなったもの。  うん 浄化だ きっと。


その後 腹ごなしに ボウリングで ヘタレスコアをたたき出した後は 無鉄砲ドライブ。

ふらりと寄った先で 冒頭のマンガを 購入したり、小粋なカーデを 購入したり
ほしかった スタバタンブラーを 購入したりした。
f0101613_145583.jpg

白熊タンブラ。 すんごい かわゆい。 でかいけど。

これ 今回のプロモーションタンブラの中で 一番ほしくて
でも 身近なスタバ どこも 売り切れで
困った困った どうしましょう、と 半ば あきらめかけていたら
先日 その話をした友人より 目撃情報を 得たのだ。 いいヒトだ。

その後 一休みしようよ、と のんびりできるカフェ へと 向かった。
f0101613_1463615.jpg

あたしは ケーキと パフェで 悩んだ結果、
パッションフルーツケーキと、アイスソイラテに。
沖ちゃんは 「チョコとバナナのスコーン」

「ドリンクは大丈夫?」と たずねると にこり微笑んで
「それと、玄米おにぎり&おばんざい、で」

まさかの フード注文。  おなかすいてたのか。 言ってくれよ そういうのは。

その後も なぜか おにぎり→おばんざい→スコーンという 三角食べを披露。
なかなかに 目が離せない子だ、と 思った。


しばらく まったりゆったり ぽつぽつ 喋ったりしたあとは 公園へ行き
すべり台をすべったり 犬と戯れたりして 別れた。 中学生デートみたいだ。


お休みの日に 2人で会うのは はじめてだったし
沖ちゃんは どちらかというと 無口な子なので 間が持つか 心配だったけど
なんだかんだ 充実した 一日 だった。  優しい時間だった。

また どこかへ こっそり 誘おうと 思う。


帰宅した後に 届いたメールに 書かれていた
「今日は愉快な時間をありがとうございました」は
はなはだ 遺憾だけれども 忘れようと 思う。



サイレントにしていた携帯には
午後ティからの着信やメイルで ひどいことになっていて

今日はあの子の誕生日だった、と 思い出したけど
それも一緒に 忘れようと 思う。
[PR]

by esrev-noc | 2008-07-22 01:34 | カフェージョ

現実逃避、神経衰弱。

なんとなーく、なんとなく。

買ってはいけない 気が していた。 避けてた。 若干。

だって そういうの あんま キョーミないし、なんて 思ってた。

人間そんな簡単に分類すんじゃねぇ、ってね うん 思ってた。

でも 今日 ついつい うっかり 購入。 話題の ○○型自分の説明書。
マイ血液型 AB型版。  いえーい。
f0101613_381917.jpg

これがね なんともね。

これって欠点だと思ってたけど
血液型のせいなのね、そうなのね、って なる。

ところどころ どっかであたしを見てんの?ってくらい ドンピシャ。

もともと 血液型トークになったときに 「AB型でしょ?」と よく言われる。
「あ、ですですー」なんていうと 「え?マジで?」と 言われる。  なんだそれ。

なのでまあ 結構 ベーシックなABタイプなんだとは 思っていたけども。

「毒舌といわれる」「そんな気ないのに」「悪口じゃない、批評なんだ」

「もっと褒めてもらいたい」「恥ずかしくなるくらいに」「ああ、やっぱり恥ずかしい」

この へんとか もう どひゃーって なった。  驚愕。

でも かなーり 売れてるみたいだし みんなどっかに 共感してんだろうな。
立ち読みでも 面白いので ぜひ。  今更、な 紹介だけど。





今日は またもや 気になっていた カフェへ 友人と。

話題の パンケーキハウス ヤッケブースさん
f0101613_310898.jpg

外人住宅(屋根がまっすぐで天井高い、沖縄民に人気の賃貸物件 を
改装して つくられた店内は 白×茶な感じで ステキだった。

まだ オープンして 半年くらいなのだけど
新聞に載ってたり 雑誌に載っていたり 有名なとこ。

あえて お昼の時間は 避け  おやつタイムに お邪魔したのだけれど
それでも 満席で あたしらの次に来た方は 待ち客さんに なっていた。

ご飯ぽい のと デザートっぽい のと 両方あって 色々迷った結果、

あたしは ベリーパンケーキ。

友人は バナナパンケーキ。
f0101613_3104537.jpg

近くに トリイステーションという 米軍基地があるので
外国人のお客さんが多いせいか 超 ボリューミー。

パンケーキ三枚の上に クリームやら 果物が どっさり。
もう これが もちもちふわふわで ものっそい 美味しかった。

ホットケーキとは 何かが 違う。 生地だけ食べると 甘くないし。

だからこそ 余計に クリームとか ソースの甘さが 引き立ってた。ステキ。


ご飯ぽいの は パンケーキ+目玉焼き+ソーセージとかだったので
今度は ぜひとも 遅め朝食に お邪魔しようと思う。

きっと ステキな目覚めに なるに違いない。 ステキな モーニングが カミングするに違いない。

一緒に頼んだ カフェオレも 量は多かったけど 美味しかったし 大満足。


店内には 外国人客の英語が 飛び交っていたりしたのだけれども 中でも
女性二人組の方のテンションが ものすごい フルスロットルで
店頭のメニューを 見た瞬間 「オーマイガー!!」と 叫んだときは びっくりした。
「バナナー!ソーキュート!」 「ワンダフル!ベリーワンダフル!」とかね 言ってた。

全部 カタカナなのは 英語ができない あたしの 弱み。

ああいう風に オープンに感情爆発させてて さらに絵になるって 海外の方特有だよなあ。

あたしらだと 「やばー おいしそー ぎゃー」とかだもの。 小声で。
そして 震える、みたいな。 一口食べて また 震える、みたいな。 そして ニヤニヤ、みたいな。
老人みたいな 喜び方しか できないもの。  え?なに?病気?ってなる。
なにか 鮮やかなキノコでも食べた?みたいな。 絵どころか 文にしても マズイ。

見習いたいなあと 思いながら もくもくと 食べきった。 震えながら。


その時に 「かわゆいお弁当箱が欲しい」と あたしが 言い
また 別のタイミングで友人が 「彼氏が青色のRodyに似てる」と 言い
その流れから 雑貨屋さんへ 行ったり した。

お弁当箱は 手ごろなのが見つからなかったけど Rodyは 確かに似ていた。

まあ Rodyって なんか あのカラフルな ロバみたいな やつだけれども。


そこを テロテロ見てまわっているときに 
「そういやさ、」と 冒頭の本を 立ち読んだ話を すると 知らなかったらしい友人が
「なにそれ!」と エキサイトしだし 本屋に 向かうことになった。 

そこで 購入 したのだ。  おー いい流れ。 なにが?っていわれたら 黙るけど。

ぱらぱらと 並んで 立ち読んでいるとき 隣で 友人が 「やばいこれー」
「すんごい当たってるし!」とか ぼそぼそと 呟くので
「ねー 地味に当てはまるよねー」って 横を見た。  びっくりした。

その子はA型なので てっきり A型本を見ていると 思っていたら その手にはAB本。

「もー これ○○(あたし)まんまじゃーん」なんて ケラケラ してた。 なにそれ。

その後も 人の血液型本を 読み漁り いちいち 笑っていた。

その笑いは 「つまり趣味が変。 キモかわいい→かわいらしい(カエルとか)」という 一文で
ピークにさしかかっていた。 複雑すぎて 笑えない。 

これは あたしのために 仕立て上げられた本なのかもしれない、と 少し思った。

それか あたしがAB型マニュアルに 忠実に 作られた人間なのかもしれない。

それが いいことなのか わるいことなのか 別として。


帰宅して 先ほど また少し パラパラと 読んでいたら 衝撃的な一文を発見した。

(お金はないのに元気はある!みたいな)「だから?」ということを よく言う。

やっぱり あたしは まごうことなき AB型だと 思う。

父も 母も AB なんていう 純血種だし な。

だから?

仕方ないじゃない、っていう おはなしです。  
[PR]

by esrev-noc | 2008-06-23 03:05 | カフェージョ

ここにいる 私が 事件。

今日 会社帰りに
同僚さんと カフェージョしてきた。

コーヒーと ケーキで まったりしながら 今度あそこへいこうよ、なんて
カフェ開拓計画を 練ったりなんかした。 なんとも 女子らしい。

少し前に 仲良くなった子なのだけれど 一緒にいると ふんわりした気分になる。

こんなことをいうのは なんなのだけれども
ひっさびさに 普通のヒトと 仲良くなれたなあと 思う(いろいろ暴言

良い意味で アクがないというか クセがない というか。

まあ まだ 本性隠しているのかも しれないけれども。 女子って そういうもんだ。





先日 友人の住む 名護市に 行ってきた。

自宅から 車で二時間ほどの 場所、 高速使えば もうちょい早い。

お互いの休日が 木曜日で 一致団結したので 前日に 前ノリお泊り会。
アルコールやお菓子を 買い込んで わいわいしてたら 夜が明けた。

あわてて 睡眠。 寝なくては。 寝なくては。

だって 今回の目的は カフェめぐり なのだ(この記事そればっか


なかなかいけない 沖縄北部にある カフェに 行こうと 思っていたのだ。

ごはんを食べるトコ と デザートを食べるトコ の 二件はしご しちゃうんだから。

そういう 計画。

お昼過ぎに 出発し ほどなくして なんとか たどり着いた。
そしたら しまってた。  定休日って なによ。
f0101613_257812.jpg

もし あたしが デビなら 黙っちゃいなかった、 ドアとか ガンガン叩いてた。

「あけなさい」とか 言ってた。  取立て屋くらいの 勢いで。
庶民だから できないけど。

悔しいので 外観だけ 撮影。
店名なんか 載せるもんか。  ちくしょう。

憤りを感じつつ 仕方なしに 別のカフェへと向かった。
f0101613_2574980.jpg

ピザ うまい(妥協だけど

店内 雰囲気 いい(妥協だけど

久々に きた(妥協で

店名なんか 書くもんか(ただの八つ当たり

でも あたしたちには まだまだ 目的地が 残っている。

あまいのたべてやんだ! デザートのためだけに 行ってやんだ!
そう思えば こころが 少しは 広くなるものです。

だけど。

なんかね うん やっぱ 世の中って うまくいかないなーって とこ あるっていうか
融通きかないっていうか  ネタかって いうか うん  まあ 若干 想像してたけど

ここも しまってるって いうね。
f0101613_258404.jpg

もう ほんと 定休日って なに? 嫌いな言葉一位に 認定。

仏の顔も三度まで、とか いうけどね
あたし そんな 人間できてないから。

二回目でもう がしゃー 怒るから。 赤鬼ばりに。

仕方ないので 今日二度目の 妥協で 別のトコへ。

まあ そこは 同行友人の 気になっていたカフェだったので 妥協ではない な。

代案、うん 代案カフェ。
f0101613_2595378.jpg

どうも 映画「ドルフィンブルー」に 出てくるカフェ らしい。

店名なんか かかないけど(八つ当たり継続

ここで かぼちゃのシフォンケーキセットを 注文 した。
f0101613_2591936.jpg

素朴な雰囲気のカフェだったので シンプルなものがくるかと思いきや

やばー。 すげぇ にぎやか。

そして とても 美味しい。  なんだか 嬉しかった。

とりあえず 初侵入なカフェに ゆけて よかったな、と 思った。
f0101613_303768.jpg

そうじゃなきゃ あたしの存在価値が 揺らいでしまうもの。


とりあえず できるだけ 早く。
今日の リベンジを 果たしたい と 思う。

定休日は 水・木曜日。 覚えた。 きっと二年くらい忘れない。

そして その暁には 気持ち悪いくらい 記事に書きたいな、と
そう 思うわけなんです。


その報告を 午後ティーと言う名の 若者に伝えたところ

「生まれた星が悪いんだよ」と いう 一言が 返ってきた。

「不幸の星の元に生まれたんだね」とでも 言いたかったんだと 思う。

わしゃ エイリアンか。

あの人は きっと 残念な星の下に 生まれたんだろう な。

間違いない。 それ アンダースタンド。
[PR]

by esrev-noc | 2008-06-14 02:54 | カフェージョ

喜びを 他の誰かと。

今日は、朝から 遠出。
県外から 一時 帰省している 友人と カフェージョしてきた。

前日・・・というか 当日の朝方まで 同じ友人と カラオケに行っていたので
約6時間ぶりに コンニチハ しつつも 車で 北部へと向かった。


今日の行き先は、
前から 気になっていた ブリリアンテ モトブヒルズ さん。
f0101613_16564947.jpg

お店の周りは 工事車両が 多くって
なかなか わかりにくいところ だったけれど

同じ道を 右往左往しつつも なんとか 到着。  よかった。

ここは フルーツカフェ らしく 色んな果物を使った パフェが オススメ らしい。
スタッフさん 曰く。
その中から あたしは 紅イモパフェ。 友人は キウイパフェを チョイス。
f0101613_16573184.jpg

生クリーム ではなく ヨーグルトを 使っているので とても さっぱり。
紅イモも キウイも すごく 甘くって ぺロリ。 もう ペロリンキュウ。

打ちっぱなしの 店内も とても ステキな感じで
インテリア関係の仕事をしていた友人は 店内の雰囲気をスケッチしていた。
f0101613_16585950.jpg

悔しいけど その姿が 格好よかった。  いいなあ。

あたしも 格好よくなりたい、と カバンをあさぐってはみたものの
ペンすら入っていなかった  消えたい。

仕方が無いので 格好いい友人を 寛大な瞳で見つめる よき理解者を 装った。

誰も 見ていないけれど。  劇団孤独結成。 即解散。


テラス席では 喫煙も 可能なので コーヒーは ここで飲もうと 移動したけど
太陽熱に すぐ 負けた。 完敗。 撤退。

紫外線 つよー   いろんな意味で。  梅雨入りしたっていうのに。

涼しい店内へ すごすごと 戻り ゆったりまったり おしゃべりおしゃべり。

職場にいる 目の離せない人々について 熱弁したりした。

すると 友人は けらけら笑いながら 「相変わらず楽しそうだね」と ポツリ 言った。

「そんなことないよ」って 言ったら どうなったのかしら。
「しんどいことも つらいことも いっぱい あるよ」と 言ったら どんな顔したかしら。

楽しそうに演じているのは 自分自身 なのに。

きっと 見抜かれたら 一生懸命 否定するんだろうなあ。
どうなりたいんか たまーに 自分が 分からなくなったり する。


その後 ぷらぷら ドライブしつつ 笑ったり 叫んだり していたら
おなかがすいてきたので おにくまつりを わっしょい 開催。

なぜか 焼くのが 異常に楽しくなってしまい 気づけば 恐ろしいほど 食べてた。
立ち上がることに不安を覚えるほどに、妊婦気分を味わうほどに。

2人で きっと かるく 赤子一人分は 食べたような気がする。

明日の朝までに 消化できるのか   明日の昼までに 消化できるのか。


とりあえず。

明日の朝ごはんにしようと思って 購入した
Jardan!の スコーンは 明日の お昼にしようと思う。
f0101613_1701363.jpg

そんな あたしは 明日も 飲みに行く 予定。

頑張れ 酵素 たち。  負けるな 胃粘膜。
[PR]

by esrev-noc | 2008-05-28 16:54 | カフェージョ

この先は 七色 遠くまで。

いつも

人の毛を 自由にもてあそぶ 美容師気取り友人から
携帯に ワンツー メール が 届いた。

「もしかして黒髪おかっぱにした?○○あたりで 似た人見たんだけど」

心当たりがあったので 「少し前に黒髪にして切りました」と 報告すると
珍しく 即効レスポンス。  どうしたんだ。 

「なにあれ?初期カエラ気取り?」

あほか。
お守りはマーガレット☆ とか 恐れ多くて 言えないっつーの。
全国の お洒落ガール 敵に回す度胸 ないっつーの。

友人いわく、
カエラボブ×黒髪 と 言うスタイル、
美容師的に かなーり NG らしいです  

どうしても 日本人形寄り に なってしまう、とのこと。
重めのボブには 若干でも カラーをいれないと ダサい とのこと。

「近いうち なんかカラー してあげるよ!」

ほんとのアドバイスなのか 練習台になってほしいと素直にいえないだけなのか
はっきり わかりかねますが とりあえず 検討しようと思う。








さて。

今日は 久しぶりに 映画館へと 行ってきました。

パーフェクト・ストレンジャー と いう映画 をば、見てきた。

ハル・ベリーさん演じる主人公の 幼馴染が
何者かに殺されたところから 話は展開していくんですが
いろいろ 調べると 容疑者らしき人が わさわさ 出てくる。

この映画の 文句でもある

『人にはそれぞれ秘密があって、それを知ってしまうと
どんなによく知っている人でも 別人のように思える』

これを ものっそい 実感した。
知らぬが仏って マジ いい言葉。

いろいろ 評判の 「クローズド・ノート」と 迷ったんですけど
こっち見てよかった です。   うん  面白かった。

予告編で 「ALWAYS 三丁目の夕日」の 続編のやつが 流れてたんで
主題歌でもある バンプ氏の 新曲も ちょろっと 聞けたし。
映画館で聞く 藤さんの 声も これまた いいものでした。



その後は 前から 気になっていた カフェ。
f0101613_313833.jpg

BOOK cafe Bookish さんへと 行ってきた。

ここは 図書館みたいなとこでして、
カフェ内に 本が ずらーっと 並んでいるのです。
f0101613_332028.jpg

小説や 絵本、 雑誌や 自己啓発本なんかも わさわさあって
何を読もうか 迷ってしまうほど。 優柔不断人間なら ひざから崩れ落ちると思う。
f0101613_341229.jpg

店内も 白と茶色と 緑を 基調にした感じで 落ち着ける雰囲気。
今日は あいにく 天気が悪かったのだけど それでも 明るい店内だった。
f0101613_345218.jpg

まだ ランチをやっている時間だったので
キッシュランチを チョイス。 これまた ぎっしりしてて おいしかった

写真とか 撮る余裕ないくらい おいしかった。

ほんとは えびとトマトのバジルソースパスタと すごく 悩んだ。
だって えび も トマト も バジルも 大好き。 大好き三銃士揃い踏み。
嫌いなわけがない。

でも
沖縄には あまり キッシュを置いてるとこが ない気がするので
キッシュスキーとして ここは!と 意気込んだのだ

その甲斐 ありまくった。 この勝負 あたしの 勝ち。

食後に ドラゴンフルーツのシャーベットもいただいた。
いまだに サービスなのか ついているのか わからないのだけど
これまた すんごい おいしかった  その事実があれば いい。

店内は お昼過ぎということもあり
貸切のような状態だったので 食後は のんびり 読書。

エッセイを ぱらぱら 読んだり
短編集を くるくる 読んだり
なんだかんだで 三時間くらい 居座らせていただいた。


一人で来るには 最適な カフェかもしれない。


だけど
そういう 静かに なだらかに 流れる時間というのは
自然と いろいろなことを 考え始めてしまう。


転がり落ちていくのは こんなにも 簡単なのに
上っていくのには どうして こんなにも 難しいんだろう。


人生って きっと 登山 なのだ。


だからきっと
年をとるにつれて いろいろと しんどくなっていくのかもしれない。

山を上るには 体力が 必要だもの。

山頂に近づくにつれて 障害物も 増えるもの。

捨てられない荷物が どんどん 増えていくもの。



もし 誰かが 手を差し伸べてくれたら。
もう少し 楽に 上っていけるのかも しれない。

でも きっと
性格上 手を差し伸べられても 断ってしまうので
しばらくは あたりを きょろきょろ 眺めておくことにする。


意外と 面白いものが 見られるかもしれない

すわり心地のいい 切り株が 見つかるかもしれない

杖にするのに ちょうどいい 木の枝だって 落ちてるかもしれない




結局

そのとき そのときを 楽しめるようにならなきゃ
なにも 解決しないんだなあと しみじみ 思った。


明日は 明日の 風が 吹く。
それなら あたしは 日々 それを 待とう。


意外と 気の合う風っ子が くるかもしれない、し。
[PR]

by esrev-noc | 2007-10-06 04:02 | カフェージョ

余った 光を もらいに行ったよ。

今日

友人から 届いたメール。 全文公開。

「来週ミラクルタイプ ゲスト 阿部!」


阿部? ・・・え? 阿部? 阿部? マジでー?

すごい 勢いで テンション がっつり あがりました
来週の 水曜日は 家にいるっきゃない  いなきゃ いけない ですよ

だって サダヲ だもの。
阿部サダヲ だもの  みなきゃ 1ヶ月 後悔しますよ



つくづく
身近な友人とは 以心伝心 しちゃってるなあと 思う。

阿部で通じるあたしも すごいと思うが

阿部のみで お知らせする 友人も すごいと思う。



友だちって ステキ♪










などと、
若干 メルヘンぶってみましたが。

今日は 木曜日 でしたね

全くもって まごうことなき 平日で ございましたね

あたしは いつものように 仕事で ございますことよ  




いつもなら な。



だけど
今日の あたしは 残念ながら 一味 違ったのだ



なんとなく、ほんと なんとなく。

会社を 通り過ぎてしまった。

半分 うっかり  半分 確信犯。



きっと 電車通勤の リーマンさんが
いつもと 反対方向の電車に
そっと 飛び乗るような そんな ちょっとした 勇気。


天気もよかったことも きっと ある。  青空が 眩しかった。
先行きは 良好だ  仕事なんか してる場合じゃない。



そう 思った瞬間 通り過ぎてしまっていた

すぐに 会社に電話して 仮病芝居 お披露目。

電話を切った瞬間 今日一日 あたしは フリーダムが約束された

サボタージュ 万歳!  やった! なんて うかれてみたり。




時間は 朝 8時30分、 周りはみな 会社へ向かう 憂鬱顔。
あたし 一人だけ はればれ。  こんな 気持ちいいこと ない


そしたら 朝ごはんを 食べてなかったことを 思い出して
朝マックと さんざん迷った結果 お気に入りのカフェへ。

ティラミスラテ なんか 飲みながら 雑誌を 読む 午前9時。



なんだ この 素晴らしい 時間!
今なら イタリア人の陽気さが 理解できそうだ とすら 思った



その後 暇であろう 友人にメールをしたら
思ったとおり 暇だったりなんかしたものだから
今日の あたしは 日本一の ラッキーガール だったに違いない。



そして 繰り出した その先は。
f0101613_23132790.jpg

今月頭に オープンして ずーっと 行きたかった 猫カフェ。

猫に癒してもらおうじゃないか、と 思ったのです

扉を 一歩 踏み出すと そこは ステキな 国でした

だって、 入ってすぐに これだもの。
f0101613_23153941.jpg

もう 可愛い   ふわふわ   でかい   ふわふわ    猫    ふわふわ  
f0101613_23164690.jpg

でろーん ふわふわ   もう 何していたって 可愛い  お前 可愛い  なんのつもりなんだ
f0101613_23172327.jpg

カメラを 向けても  凝視しまくる  ねこ   ねこ    もう 顔 へらへら ですよ
f0101613_23202164.jpg

大変 癒されました   猫 って いいよね

機嫌よく 撫でさせてくれたかと思うと すぐに 知らん顔 ですからね

これもう ツンデレですよ   振り回されるわけですよ   つれないなー ですよ
f0101613_23223467.jpg

トイレとかも 人猫 共同 なんですよ  連れション ですよ
入ると 普通に 我が物顔で ねっころがってた   リラックスしまくってた



猫って なんか ちょっと 上から目線 みたいな とこ あるじゃないですか

「撫でたいなら 撫でてもいいよ 別に」みたいな 態度が 見て取れるじゃないですか

まあ お言葉に甘えて わしゃわしゃ 撫でてきましたけどね。 そこが たまらん。


楽しい時間でした、 とても。



だけど 店員さんは すごく パタパタしておりました
そのせいか きもーち そっけなさを 感じたりしました
あと 一人いるだけでも 回転率 だいぶ 変わると思うんだけどなー


土日は きっと もっと 混乱しているかと思うので
また 平日を狙って 行こうかな と 思う    有休でも つかって。



その後も カラオケで わーわー してみたり  ウィンドウカフェ したり(今日作った造語
高校生男子が行きそうな定食屋で ごはんの盛りっぷりに たまげたりした


ほんと 心の洗濯 できちゃいました  


ちょっとした 出来心で 休んでしまったけれど
結果的には 大満足です   休んで よかった  休みべきだったとすら 思う。



きっと 今のあたしには そういう時間が 必要だった のだ






明日から また 頑張ろう。

かえりみち 自然と そう思えたことが 何よりの 証拠 です。




まあ
明日出勤したら 二連休 だけどな。
[PR]

by esrev-noc | 2007-05-24 23:48 | カフェージョ

頭でわかっても 心がごねるの。

今日は、

高校の同級生の 赤子を 見に行ってきました。

生後 3日目とは 思えないほど
しっかりした顔つきで 可愛らしい 子 だったのですが

なんと 名前が 「ヒロ」でした

将来 フジヲと 仲良くさせて 「フジ!」「ヒロ!」と きゃふきゃふさせたい です


・・・えーと 今更ですが。
フジヲ は あたしの まだ見ぬ将来の息子の 名前です。


うふふふ  気持ち悪いだろう(恥じろ








さて。

仕事が変わったことにともない、
土日祝がお休み なんていう ハッピー生活な 日々です

よって この三連休も あますことなく 利用させていただいてます


睡眠に。



もうね なんだろうなー

土曜日とか ほんと ひどかった

仕事バイトの 疲れ 取っちゃおうかな なんつって

あたし 眠り姫?なんて 思っちゃいそうな 勢い 保っちゃってた

もちろん 姫じゃないから 王子なんてのも 来ないの いいことに

ものっそい 寝たおしちゃってた  すげー ていたらくっぷり。




なので これじゃいかんと 思い 

昨日は 友だちと カフェへと 行ってきました  わーい



もう かれこれ 一年近く 行きたくてたまらなかった

カフェやぶさち  へと。


おなじエキサイトさんで ブログを やっていたりもする
地元では 結構 かなり 有名な 南部カフェ なんですけれども。


昨日は あいにく 曇っていたのですが
前面が 全部 海なんですよ   もう  180度 海なんですよ
しかも ちょっと高台だったりするので 風も強くて
これ 夏の暑い日とか かなり ステキックな ことになると 思う


もちろん 食事も 美味しかった
f0101613_20374034.jpg

カフェって 結構 お洒落な感じで ちょこちょこーって 出したりするんだけど
ここ かなり ボリューミー でした   パスタとか かなり どっさり 

うん 絶対 おなかすかせて 行くべきだと 思う
f0101613_2039078.jpg

デザートのベリータルトも 黒糖風味で 美味しかったです

なんとも 満足な とこでした。









夜には あと一人 友だちが合流し
三人で 成人式二次会な 若者がわいわいしている 居酒屋で 飲んだりした


聞かれてもいないのに 身分証 出したりしました

あとから来た友達が ちょうど 彼氏さんと もめているらしく
到着した瞬間に 愚痴を言い始めたのが おもしろかったです


なんか 不審な点が 多いらしく  「もう目をつぶるのも限界!」らしい

でも 「やっぱり必要な存在ではある」らしく 「もう少し 頑張る べきなのかな」 ですと。




個人的には。

「頑張る」って 言葉が出てきた段階で 駄目だと 思う

結婚してるわけじゃないんだもん  恋愛は楽しいからいいんだもの

頑張る必要は 無いと思うのだ よな




でも それはきっと 友だちが ほしい言葉じゃないと思うので
あえて 口には出さずに おいたのだけれど。






こういうときの さじ加減が いくつになっても 苦手です。
[PR]

by esrev-noc | 2007-01-09 00:33 | カフェージョ

君と生きる 情熱の。

昨日の夜


久しぶりに 独りよがりな妄想に とりつかれました
なかなか 眠れず たいへん 困った。

「今 天井から黒髪の女があたしを見てる」 みたいな
こういうの どんどん ドツボにはまるんですよね  まあ たいへん

そういう時 なぜか 「布団から手足を出しちゃいけない」と 思う。
きっと 出した瞬間 引っ張られてしまうのだ と いう考え。

布団にどんなオーラがあるというんだ と
我ながら思うのだけど なかなか ひるがえせない 思考回路です 







今日は 仕事後 友だちと 国際通りを テロテロしながら ビルケン に 寄った
最近 行ってなかったので なんか 可愛いのあるかな と。


するともう 目の毒極まりなかった  すごく 困った
f0101613_2174152.jpgf0101613_218813.jpgf0101613_218379.jpgf0101613_2185525.jpg









今回のカタログ なんと 表紙が ベロアっぽいんです
やーばーい!! 可愛すぎて くらくらしました  クラクラクララ(いい逃げ

お給料入ったら 買おうかしら 迷いどころであります

ビルケンは いつも カタログが可愛くて うれしい。




その後 誘惑パラダイス タワレコへと。
目的は 人形劇ギルド だったのだけれども どうにも こうにも 見当たらなかった

沖縄は 未発売なんですか
それとも あれって 幻ですか
夢の中の話なんですか

結局 見つけられないまま 出た(駄目娘
なんだろう  やるせない。 もやもやする。





そして 本日 メインイベント。

昨日行った カフェ サンテリア に また行ってきた


目的は これです。
f0101613_2271239.jpg

バナーチェ。

全く 見た目 普通だ
普通の 美味しそうな デザート だ。

だがしかし
これ ものっそい 斬新メニューなんですよ



材料が バナナ と ハム と 生クリーム。




軽くバターでソテーした バナナに
ハムをはさんで
それを クリームの上に のっけたものなんです



実は 昨日 店員さんに すごく すすめられたのだ

「だまされたと思って!」

いや でも いかんせん メロンと生ハムすら 許す度量のないわたしだ
そのあとに 小さく言われた  「・・・まあ だまされちゃう可能性もありますけど」 も
聞き逃しはしなかったのだ  だまされてたまるか


でも なんだか 妙に 気になって仕方なかったので
会う予定の友達を誘って 行くことにしたのです 

食事を終え 注文すると

「お。ついに挑戦ですか?」

たいへん ニヤニヤされました。  高まる 恐怖感。



しかも 先に 食べた友達の感想 が

「うん なんか おかず」



意味わかんねぇ。 ぜんぜん 伝わりません。



しょうがないので 食べてみたところ

うん おかずっぽい。 君 正しい。  ごめん。



その後 「塩かけたら もっと美味しいよ」 と 言うので
こうなりゃ ヤケだ とばかりに 塩かけて 食べていた



あ。
これ うまいよ  




ほんと 美味しかった 美味しくなった  すごい
塩って すごいです  感動した  なんとなく。


今日も しばらく貸切で ゆったりでした
店内は こんな感じなのです  はい。
f0101613_2372315.jpg

ほんとに のんびりできる とこです
フードメニューも 美味しいし ちらほら 行こうかな と ココロより。
平気で 3時間とか いられる  いい雰囲気。




えっと いきなりですが
目をつぶったまま 目をあける  って 感覚 わかりますか?

多分 これ自体は 結構 みな やっているのだと 思うのだけど
その際 あたしには いつも見える映像があるんです

なんていうか こう ジェットコースターやら 電車やらの 滑走路って言うか
そういうのを シャシャーって 進んでいくような 映像。

ジェットコースターの 一番前に乗ってるときに 見えるような。


それを 今日 話すと 「それ、あるよね!」 と 友だちが 共感してくれた
仲間だ 仲間を見つけた  と 本気で うれしくなった   お手軽だ

もしかしたら 結構同じような人いるのかもしれない と テンションあがり
他の人にも聞いてみようかなー と 弾む声で 言うと

「・・・あーでも 多分 空気とまるよ  は?って 怪訝な顔されちゃうよ やめな?」

たいへん 優しく 諭されました
感動は 結構 早く 崩れ去ってしまうものだ  逃げ足が 速い。





その帰り 近所の道を しょぼしょぼ 歩いていると
なにか 道の真ん中を 跳ねている 物体 発見。

近づいて よく見る。




「うわあ」




思わず 捕まえて おうちに 連れ込もうと 企んだ

すると ガレージで 逃げられた

ちょっと待て 写メールくらい とらせておくれよ と
あわてて 家から 懐中電灯を ひっぱってきて 捜索した


そして 見つけたのが この子です
f0101613_2444239.jpg

可愛い。 ひどく 可愛い。

こんな 大きくて しかも きれいな 緑色  はじめて 生で見た

思わず 家族の仲間入りをさせようかと 思ったのですが
あまりに 逃げるので お外に 返してあげました



できれば 家の近くで ジャクシを たくさん 産んで
集団で 今度は お目見えしていただきたいものだ




でも その写メールを 今日 一緒にいた友達に 送ると 

「カエル 捕まえる貴方に 乾杯だよ  ぬいぐるみとかで我慢しなさい」 ですって。

そこまでは 共感していただけなかったようで たいへん 残念です
[PR]

by esrev-noc | 2006-09-25 03:03 | カフェージョ

喜怒哀楽の 絵の具を。

あたしの勤めている会社は
基本的に 私服です  自由です

Gパンと スニーカー 以外は 特に禁止条項が ない

はずなのだが。

あたしは 結構 定期的に 服装指導を される
あと 髪色指導。    学生か。

今日も 久々に 言われた

「君の格好  仕事する服装 じゃ ないんじゃないか?」

疑問系。
そんなこと 言われましても ねぇ?と  首を傾げてごまかした

しかし そのあと 隣の歯医者の 仲良しの歯科助手さんに
「いつも 凝った服 着てるわねー」 と 褒められた

なので 「でも社長は・・・」と 告げ口すると
「そうねぇ 派手かもしれないわねぇ」 ですって。  結局 失格か。

ちなみに こういうのを 今日は 着ていた。
f0101613_2252997.jpg

この下に 黒のプリーツスカート を 合わせたのだ

別に おかしくない と 今でも 思っている。

でも きっと 社長が 言いたかったのは 服ではなく
その下に はいていた 網タイツ なのではないかと 今 思った(間違いない






さて。
最近 めっきり カフェばかり行き アルコールを摂取しなくなってますが
今日も 懲りずに カフェ開拓 しました
f0101613_2261450.jpg

浦添市にある cafe second garden と いうところ。

前に 見つけて 行ってみたいな と 思っていたのだ
f0101613_2263884.jpg

中はそんなに 広くはないのだけれど 十分 いい感じ でした


コーヒー も 美味しかったし
ネットも つなげる   しかも 1時まで 営業しているのだ

やばい。


カレーも 美味しいらしいので 今度は 是非 食べてみたい



ここは コーヒー類を 頼むと
上に 無料で ホイップを 追加してくれる

一緒に行った子は 無類の ホイップ 好き なので ひどく 気に入っていた

あの子は スタバなどにいっても
「あたい 上にクリームがあるやつがいい」と フラペチーノ を 頼むのだ

カフェで 店員に 平気な顔で
「上にクリームのってるの ありますか」 と 聞くのだ


なぜ そこまでこだわるのか 聞いても いつも はぐらかす

別に 秘密にしなくてもいいのに と 毎回 思ってしまいます




その子は 前に書いた 「お金を使わず遊ぼう」会 の 主催者。

浄水器 あるよ 発言の 娘だ。

まあ まだ 何一つ 実行にはいたっていないのだけど
ずっと あたためつづけているだけ なのだけれど。

その中から 今日 いくつか プランを 教えてもらった。


しかし その ラインナップ が すごかった

「バスでまわる 酒造所」 ツアー。

「黒糖工場 見学」 ツアー。

「ハム製造工場」 ツアー。

「沖縄そば製造工場」 ツアー。

「オリオンビール工場」 見学。



うん。
完全に 社会科見学 だ。

しかも 全ての理由が 「作り立てって美味しそう」だから。


いや 君 お酒 飲めないよね?


その言葉を 飲み込んでしまった 自分自身に 後悔している。



その後 カフェに置いてあった 沖縄観光ブックを 見つけ
行きたいところを さらに 探していた   どんだけだ   どんだけ まわりたいのだ


「自然に親しむのもいいよね」と 公園めぐりも 話題に上がり
その空気に あわせて 「滝に行きたい」 と 言ったのだけれど

「昔 滝で溺れたことあるんだよね」 の 一言で 断念せざるを えなかった



あ。
そういや 滝って マイナスイオン でまくっている 印象あるんですが

実は 家の シャワー のほうが でまくってるんですよ

マイナスイオンドライヤー なんか もう さらに でまくっているらしいですよ

詳しくは こちら を ごらんに なってください



自然が 科学に 適わないことって あるんだな と 痛感しました。

現実は いつだって 少し 悲しい。
[PR]

by esrev-noc | 2006-09-13 02:41 | カフェージョ